緑茶カテキンと動脈硬化の関係

至高のものを世界へ提供する日本中央ビルヂング株式会社

緑茶とカテキンの健康効果まとめ緑茶とカテキンの健康効果まとめ

動脈硬化を予防する

コレステロールは細胞膜の構成成分であり、低密度リポタンパク質(LDL)はこのコレステロールを肝臓から血管を通って抹消組織へ運ぶ重要な役割をしています。

 

抹消組織はコレステロールを十分取り込むとそれ以上コレステロールを取り込みません。そのため必要以上のコレステロールがあると血中のLDL濃度が上がってきます。
長期間LDLが血液中にあるとLDLは内皮下に浸潤し、酸化されて酸化LDLとなります。

 

この酸化LDLは血管の一番内側にある内皮細胞を傷つけ、血栓ができやすい状態にします。血液中の白血球の一種である単球は、酸化LDLを見つけるとそこへ集まり、分化してマクロファージとなって酸化LDLを食べて除去します。

 

マクロファージは酸化LDLがなくなるまで食べ続けますが、食べきれないと泡沫化細胞となり、最終的には死んでしまいます。
つまりコレステロールをたくさん食べたマクロファージの死骸が血管内(内皮下)に残るのです。
これが動脈硬化巣形成の始まりです。

 

このことから、LDLが酸化LDLになるのを防ぐことが動脈硬化の発症、進展の抑制に重要であると考えられます。

 


世界特許の天然カテキンサプリメント購入

ガレート型カテキンがLDLに作用

ブタ血液よりとりだしたLDLを酸化させる実験で、エピガロカテキンガレート(EGCG)やエピカテキンガレート(ECG)などの茶カテキンがこの酸化を強く抑制することがわかりました。
また、血栓の形成に重要な働きをする血小板の凝集もエピガロカテキンガレートやエピカテキンガレートが強く抑制することが認められました。

 

次に、緑茶より抽出した茶カテキン(商品中にエピガロカテキンガレートを約60%含む)300mgを朝夕1日2回、1週間与えた後、血液からLDLを調整して、どのくらい酸化されているかを調べたところ、商品を使用していない人に比べてLDLの酸化の程度が低いことがわかりました。
また、動脈硬化を発症するマウスに商品(0.08%水溶液)を14週間飲ませると、大動脈の動脈硬化巣の面積が小さくなることがわかりました。

 

以上のことから、緑茶を飲むと、茶カテキンが消化管から吸収されて血中に入り、LDLの酸化が抑えられて、動脈硬化の発症・進展が予防できると考えられます。
茶カテキンは水溶性の為、比較的速やかに腎臓から尿中に排出されてしまいます。茶カテキンの血中濃度を維持するためには、1日数回緑茶を飲むことが必要です。

 

(参考資料:富士常葉大学・大学院環境防災研究科 社会環境学部 池田雅彦教授)

 

世界特許カテキンの日本中央伝統茶

緑茶カテキンと健康効果のまとめ 全10章

【1】緑茶は理想的な機能性食品
お茶の食品としての機能は嗜好面での働き(二次機能)、生理機能の向上、疾病の予防や症状改善などの三次機能に分類されます。
【2-1】緑茶の抗がん作用
緑茶には健康維持に役立つ様々な成分がありますが、エピガロカテキンガレートと呼ばれるものが抗ガン作用の担い手のようです。
【2-2】発がん促進抑制効果
緑茶の有効成分は主にカテキン類と考えられています。発がん開始の抑制、発がん促進・進展の抑制、いろいろなメカニズムが明らかにされてきました。
【2-3】大腸ポリープの再発予防
緑茶を飲んでいる人が大腸ポリープの再発率が低いことがわかりました。一体どの程度摂取しているのでしょうか?
【3-1】カテキン作用で体脂肪が減る
高濃度の茶カテキンを継続して摂取することによって、日常活動時の脂肪燃焼量や食事から摂った脂肪の燃焼量が増大すること、肝臓や筋肉での脂質代謝が活発になることが確認されています。
【3-2】カテキンとカフェインは肥満を抑える
緑茶カテキンとカフェインのダブル作用で肥満抑制効果があることが実験で確認されています。
【3-3】体脂肪を低下させる
カテキンが体脂肪を低下させる!?ガレート型カテキンの作用で食後の血液中の中性脂肪の上昇が抑えられます。
【3-4】血圧の上昇を抑える
緑茶ポリフェノール自身も活性酸素を除去する働きがありますが、緑茶を飲むと、体内の活性酸素除去酵素が増え、血管拡張が促進される結果、血圧上昇が抑えられると考えられます。
【3-5】脳卒中を防ぐ
茶カテキンによる脳卒中予防効果・脳障害軽減効果は茶カテキンがもつ、血圧を上昇させるホルモンの生成を抑える作用や、脳卒中が起きた時に生成される活性酸素を除去する作用が関係していると考えられます。
【3-7】血糖上昇を防ぐ
茶カテキンには、糖質の吸収を穏やかにする働きがあります。食品中の糖質は、小腸で消化酵素(α‐グルコシターゼ)によってブドウ糖や果糖などに分解された後、体内に吸収されます。 茶カテキンは、このα-グルコシターゼの活性を抑えることで、体内への糖質の吸収量を減少させ、血糖値を低く抑える働きを持っています。
【3-8】糖尿病の予防と改善
培養細胞や動物を使った実験により、茶カテキンはアミラーゼ活性の阻害、肝糖新生の抑制、膵細胞の保護、インスリン分泌の促進、筋肉へのブドウ糖取り込みの促進、抗炎症作用など実にいろいろの作用を通して抗糖尿病作用をあらわすことがわかってきました。
【4-1】ウイルス感染を防ぐ
緑茶にはインフルエンザウイルスや風の原因となるウイルスを無効化する成分のエピガロカテキンガレートやストリクチニンという成分が含まれています。
【4-2】緑茶カテキンとインフルエンザ
緑茶カテキン抽出物でうがいをした結果、水のうがいと比べてインフルエンザの発症が減少したという報告があります。
【5-1】エピガロカテキンが粘膜免疫系強化
緑茶カテキンの中のエピガロカテキン(EGC)という成分は、粘膜免疫系を活性化して病原体の侵入を防ぎます。
【5-2】花粉症やアレルギーに効果
ガレート型カテキンのガレートの一部がメチルエーテル化された茶カテキンのメチル化カテキンは抗アレルギー作用を発揮することが分かっています。
【6-1】アンチエイジングと美容効果
緑茶には茶カテキンと美容効果に優れ、皮膚や血管の老化を防ぐビタミンとして知られるビタミンCを始め美容に効果のある成分がたっぷり含まれています。
【6-2】認知症予防と抗ストレス作用
緑茶にはカテキンとテアニンと呼ばれる成分が脳の老化を防止することが分かってきました。テアニンには抗ストレス効果もあることがわかってきています。
【7-1】ストレス緩和効果
緑茶のストレス緩和効果にはカテキンとテアニンが作用していると考えられます。テアニンの抗ストレス作用は注目です。
【7-2】酸化ストレスを防ぐ
ビタミンCは、コラーゲンの生成に不可欠の栄養素であり、たんぱく質や脂質、炭水化物、さらにはDNA(核酸)の過酸化を防ぎます。茶カテキンのエピガロカテキンガレートのビタミンCを上回ります。
【8-1】緑茶抽出液に放射線防護効果
緑茶抽出液に放射線防護効果があることが報告されています。 茶カテキンなどの緑茶に含まれる成分が、ラジカル種を消去し、様々な障害を取り除きます。
【9-1】殺菌作用と食中毒予防
強力な茶カテキン「エピガロカテキンガレー」が食中毒原因菌を殺菌し、解毒作用を発揮します。
【9-2】虫歯予防と口臭予防効果
茶カテキンが虫歯を予防、口腔衛生を保ち、口臭も予防します。茶カテキンは様々な甘いお菓子や歯磨き、赤ちゃん用ウェットティッシュに利用されています。
【10】大規模栄養疫学調査「掛川スタディ」について
静岡県総合保健センターが発表した自治体別の統計によると、脳梗塞・脳内出血・虚血性心疾患などの5項目において、掛川市はどの項目についても県平均より患者数が少なく、健康指標に優れた地域であることがわかります。

 

中野区野方2-69-2 お問い合わせ 日本中央ビルヂング株式会社

 

廃車、放置車両撤去お申込み

 

プレミアム商品業販見積 ジャパンセントラルビューティー通販 美容健康革命通販 日本中央伝統茶特級茶カテキンサプリメント

 

日本中央伝統茶特級緑茶粉末

 

最上級美容液EGFプレミアムマスク

 

最上級美容液EGFプレミアムマスク部分用

 

EGFプレミアム美容液

 

EGFプレミアム洗顔パウダー

 

シルキーRエッセンス

 

高機能美白クリームスーパーWHニプレス

 

主要取引銀行

 

提携銀行

 

主要加入不動産協会

 

不動産協会

 

代理店登録保険会社一覧

 

代理店契約済み保険会社 お問い合わせ